MENU

白髪染め・パーマが髪の毛に影響を与える行為ってご存知?

 

白髪染めやパーマなどを利用して、髪の毛を綺麗に整えることは見た目の美しさを表現する上で有効的な行為です。
そのために頻繁にヘアーサロンなどを利用したり、セルフで髪の毛を染めたりする行為を実行している人も多いようです。

 

しかしパーマ液は髪の毛の表面のキューティクルを剥がし、内部まで浸透するようになっています。
また染毛剤もその成分によってはアレルギーを発症させたり、有毒性のものなども存在しています。そのためにそういったものを頻繁に使用し続ければ、当然ながら髪に悪い影響を与えることになってしまいます。

 

もっとも最近では、髪の毛の性質に近いチオ乳酸などを使ったパーマ液の開発なども進んでいますし、白髪染めなどの染毛剤も、利尻昆布やヘナといった天然素材を使ったものなども市販されていますので、そういったものならば安全に使用することが可能です。

 

またパーマと白髪染めなどの染毛剤はどちらも互いに影響を与えるため、どちらかを実行した直後にもう片方を実行すると、うまくいかない場合もよくあります。